#AWARD  /  2022.03.03

Spikes Asia 2022で入賞!

Spikes Asia 2022において、当社が制作に携わった2作品が合計5部門でショートリスト入賞しました。 1986年に設立されたSpikes Asiaは、カンヌライオンズの地域版フェスティバルとして、アジア太平洋地域で最も古い歴史を持つ地域最大級の広告コミュニケーションフェスティバルです。35回目となる今年は、フェスティバルのテーマを「A New Creativity Dawns (新たなクリエイティビティのはじまり)」とし、3月1日~3日にオンラインにて開催されました。 今回のアワードでは、25部門にて3,043エントリーの中から639のショートリストが選出され、39のゴールド、79のシルバー、117のブロンズと11のSpikes受賞作品が決定しました。

<Shortlist>Film: Corporate Purpose & Social Responsibility <Shortlist>Film Craft: Production Design / Art Direction <Shortlist>Healthcare: Corporate Image & Communication WARM HANDS(がん患者さん・医療関係者 応援ムービー「温かい手」) クライアント: 中外製薬株式会社 広告会社:株式会社インサイト・アイ 制作会社:株式会社xpd ドワーフ事業部 【xpd’s staff】 Director & Character Design: 合田経郎 / ドワーフ Producer: 木梨綾乃 / ドワーフ ▶この作品を見る

<Shortlist>Brand Experience & Activation: Use of Social & Digital Platforms <Shortlist>PR: Social Engagement MIDNIGHT-TEMPTATION ANIME(23時の佐賀飯アニメ) クライアント:佐賀県庁 広告会社:株式会社電通、株式会社D2C dot 制作会社:株式会社xpd 【xpd’s staff】 Producer:古屋奏一朗 / クロスビジネスプロダクション Production Manager:黒田誠貴 / クロスビジネスプロダクション Director & Cameraman:西遼太郎 / クリエイティブ部門

■詳細は下記ページでもご覧いただけます。 Spikes Asia公式サイト

Back to News