#AWARD  /  2021.11.02

日本最大級のクリエイティブアワード「2021 61st ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」で受賞・入賞!

2021 61st ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSにおいて、当社が制作に携わった広告作品が受賞及び入賞しました。 一般社団法人ACCが主催する「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」は、テレビ、ラジオCMの質的向上を目的に1961年に創設された広告賞「ACC CM FESTIVAL」を前身とし、これを継承する形で2017年よりあらゆる領域におけるクリエイティブを対象としたアワードにリニューアルして開催されています。国内で最も規模が大きく、権威のあるアワードのひとつとして知られています。 さまざまな業界の第一線で活躍するクリエイターや有識者、著名人など延べ103名の審査委員による厳正な審査が行われ、応募総数2,348本の中から全7部門12カテゴリーの各賞が決定しました。昨年同様に新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から例年開催していた贈賞式は行わず、オンラインイベント「TOKYO CREATIVE CROSSING」にて各賞が発表されました。 当社が制作に携わった作品は、ブランデッドコミュニケーション部門でシルバー、フィルム部門でブロンズ、地域賞を受賞したほか、マーケティングエフェクティブネス部門とフィルム部門で4つファイナリスト入りしました。

■当社受賞作品と当社担当スタッフは以下のとおりです。

マーケティング・エフェクティブネス部門

<ACCファイナリスト>

フリマアプリ メルカリ 「メゾン・メルカリ」 クライアント:株式会社メルカリ 株式会社:株式会社xpd、株式会社GT、株式会社ワンスカイ、株式会社MR_DESIGN 制作会社:株式会社xpd、株式会社TYO ▶この作品を見る

フィルム部門 Aカテゴリー(テレビCM)

<地域賞/中国四国地域>

<ACCファイナリスト>

企業 東ソー「人間さんよ」篇 クライアント:東ソー株式会社 広告会社:株式会社xpd 制作会社:株式会社xpd Creative Director & Copywriter & Planner: 松井一紘 / クリエイティブ部門 Planner:樋口晃平、平井彩萌 / クリエイティブ部門 Producer:多田羅雄大 / クロスビジネスプロダクション部門 Production Manager:小林莉菜、藤川真祈 / クロスビジネスプロダクション部門 ▶ACCのサイトでこの作品を見る(地域賞)

<ACCブロンズ>

佐賀県食産品「佐賀飯アニメ」 クライアント:佐賀県庁 広告会社:株式会社電通、株式会社D2C dot 制作会社:株式会社xpd Producer:古屋奏一朗 / クロスビジネスプロダクション部門 Production Manager:黒田誠貴 / クロスビジネスプロダクション部門 Director & Cameraman:西遼太郎 / クリエイティブ部門 ▶ACCのサイトでこの作品を見る

<ACCファイナリスト>

ネーミングくじ「春の開運宝くじ2021」 クライアント:株式会社みずほ銀行宝くじ部 広告会社:株式会社電通 制作会社:株式会社xpd Producer:新澤崇 / クロスビジネスプロダクション部門 Production Manager:上田恵里 / クロスビジネスプロダクション部門 ▶ACCのサイトでこの作品を見る

<ACCファイナリスト>

ネーミングくじ「幸運のクーちゃんくじ2021」 クライアント:株式会社みずほ銀行宝くじ部 広告会社:株式会社電通 制作会社:株式会社xpd Producer:新澤崇 / クロスビジネスプロダクション部門 Production Manager:上田恵里 / クロスビジネスプロダクション部門 ▶ACCのサイトでこの作品を見る

ブランデッドコミュニケーション部門 Dカテゴリー(ソーシャル・インフルーエンス)

<ACCシルバー>

佐賀県の特産品「23時の佐賀飯アニメ」 クライアント:佐賀県庁 広告会社:株式会社電通、株式会社D2C dot 制作会社:株式会社xpd Producer: 古屋奏一朗 / クロスビジネスプロダクション部門 Production Manager:黒田誠貴 / クロスビジネスプロダクション部門 Director & Cameraman:西遼太郎 / クリエイティブ部門 ▶ACCのサイトでこの作品を見る

■詳細は下記ページでもご覧いただけます。 ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS特設サイト

Back to News