#PRESS RELEASE  /  2021.06.16

MA上で動くバーチャルショールーム「Qualified」の提供を開始

ショールーム設計から、来訪者管理、見込み顧客の絞り込みまでワンストップ

株式会社xpd(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:早川 和良、以下「xpd」)は、バーチャル空間におけるショールームの企画・展開から、来訪する見込み顧客データのトラッキング、スコアリングまでを行い、営業データとして提供する一括パッケージ「Qualified(クォリファイド)」のサービスを6月16日より開始します。

xpdでは主にイベントの企画・運営を手掛けるゼオ事業部が、イベントテックソリューションを拡充させるなど現在のクライアントニーズに合わせたマーケティングコミュニケーションサービスを提供しています。 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、会場に足を運ばなくとも、情報を取得・体感できるオンラインイベントは普及の一途を辿り、訪問客が自由にツール上で動くことのできるバーチャルショールームも一般的となりました。しかしながら主催者からは、ショールームに来訪した見込み顧客データと会場内でのトラッキング情報などのマーケティングデータを有効活用できないという声も多くありました。

「Qualified」は、マーケティングオートメーション(以下MA)ツール上で動くバーチャルショールームとして、顧客データ、トラッキングデータ、スコアリングまでダイレクトにMAツールに反映し、一括管理が可能です。 ワンピクチャ型・ウォークスルー型・実車撮影VR型など多種多様な空間を完全オリジナルでデザインし、製品・商品の完全再現といった表現方法に対応するほか、商談予約・WEB接客・アンケート・決済など様々なSaaSサービスとの連携も可能で、クライアントの商材や事業特性に合わせてカスタマイズしたクオリティの高いバーチャルショールームの運用および管理を行います。 MAツールにおいては、第1弾として株式会社Innovation & Co.(※1)が提供する「List Finder(※2)」を活用し、新規・既存関わらずショールームへの導線設計、ツール上に訪問する見込み客が「何」に興味があるのか、トラッキングデータを受けた分類分けの顧客管理、購入確度にあわせたスコアリング管理までを行います。これにより見込み顧客の絞り込まれたデータが、バーチャルショールームを稼働させると同時に、営業担当者に共有され、有益な営業活動に繋げることが可能となります。連携MAツールは順次拡大し、MAツールの導入支援も行ってまいります。

xpdでは、今後もグループのリソースを含め、市場環境の変化、不確実性に対応し、企業の事業成長の支援に向け、立体的なコミュニケーションを提供してまいります。

(※1)株式会社Innovation & Co.・・・「『働く』を変える。」をミッションに掲げ、毎年約1,000社様のマーケティング/セールスの支援をしています。(2000年設立、2016年東証マザーズ上場)

(※2)List Finder・・・国内で1,600アカウント以上の導入実績。上場企業で導入されている国産ツールではシェアNo.1の、BtoB企業向けマーケティングオートメーションツールです。

MA上で動くバーチャルショールーム「Qualified」基本設計

  • バーチャルショールームイメージ ①
  • バーチャルショールームイメージ ②

「Qualified」WEBサイト https://zeo.xpd-inc.co.jp/service/qualified/

【本サービスに関するお問い合わせ先】 株式会社xpd マーケティングソリューション部門 ゼオ事業部 E‐mail:new-normal_zeo@xpd-inc.co.jp

【取材に関する報道関係者からのお問い合わせ先】 Contactフォームよりお問い合わせください。

Back to News