#PRESS RELEASE  /  2021.03.17

B to Bイベント特化型コミュニケーションパッケージ「Heart Capture」の提供を開始

~イベント集客と新規リード創出を実現する運用型広告を包括~

株式会社xpd(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:早川和良、以下xpd)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、急速に普及したオンラインイベントにおける主催者側の最大課題となっている集客ならびにリードジェネレーションの創出の最大化に向け、従前より提供しているB to B向けオンラインカンファレンスサービス「NEW-NORMAL Online Event」に集客までを追加した、B to Bイベント特化型コミュニケーションパッケージ「Heart Capture」のサービス提供を4月から開始します。

  • B to Bイベント特化型コミュニケーションパッケージ

「Heart Capture」は、xpdゼオ事業部が進めるイベントテック構想において、グループ会社である株式会社Mediator(本社:東京都渋谷区、代表取締役:オノダタカキ、以下Mediator)、そして国内最大級のメディアレップである株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)との連携によって、B to B顧客企業のイベント、カンファレンスに最適化したクリエイティブの制作から集客までを一括して実施します。 コミュニケーションパッケージは、ベーシック、アドバンス、プレミアムの3タイプ。低CPCでの幅広いターゲットリーチ、動画広告も含めた各メディア、プラットフォームによる精緻なターゲティングやLP訪問者向けのリターゲティング、専門媒体でのタイアップ(オプション)など様々な広告手法を組み合わせ、集客増大をさせるほか、イベントのオンデマンド動画配信時に獲得したリードに対し最適なメール配信など、CRMを活用しリードナーチャリングを行うことで、顧客企業のオンラインイベント実施効果の最大化を促進します。 xpdでは、従前より数多くの大規模リアルイベントの実施支援を通じて構築した空間総合演出、コンテンツ制作、顧客のデータ管理などのイベント運営の知見、ノウハウを活用しています。オンライン上においても、顧客企業ごとに最適化されたユーザーエクスペリエンス設計のもと、イベント、カンファレンスを実現しています。今後もグループのリソースを含め、市場環境の変化、不確実性に対応し、企業の事業成長の支援に向け、立体的なコミュニケーションを提供します。

各社概要

株式会社xpd xpdは、テレビCM制作業界で国内トップクラスのシェアを持つAOI TYOグループのコミュニケーションデザイン事業会社として2021年1月に誕生しました。企業のコミュニケーションを全体設計し、具体のカタチまでを作り上げる集団(コミュニケーションデザインファクトリー)です。コミュニケーションを最大化させるためにテレビCM、動画広告、デジタルソリューション、メディアプランニング、PR、イベント、すべての領域で最適なクリエイティブワークを生み出し最適な方法と組み合わせで届けます。 https://xpd-inc.co.jp/

株式会社Mediator 株式会社xpdと株式会社サイバー・コミュニケーションズの共同出資により2019年に設立。メディアとクライアント、双方のビジネス、ターゲットとアセットを理解し、双方がメリットを享受できるコミュニケーションとクリエイティブ、広告配信プランの設計と実運用をワンストップで提供する「MEDIA COMMUNICATION AGENCY」。 https://mediator.tokyo/

株式会社サイバー・コミュニケーションズ 日本最大級のポータルサイトから、新聞、雑誌、放送局、ソーシャルメディア、動画メディア、趣味嗜好・ライフスタイルにあわせたメディアまで、ジャンルを問わず1500以上のメディアと、500以上の広告会社、広告主との全方位な取引実績を備え、豊富なデジタルコミュニケーションの知見、媒体社との深いリレーション、最新のテクノロジーを活かしたメディアプランの立案、広告プロダクト・ソリューションの開発、メディアバイイング、広告運用サポートからレポーティングまで、企業のマーケティング活動を総合的に支援しています。 https://www.cci.co.jp/

※なお、「Heart Capture」については3月22日(月)に開催するオンラインセミナー(特設サイトhttps://www.new-normal.events/)でもご紹介します。

【本サービスに関するお問い合わせ先】 株式会社xpd マーケティングソリューション部門 ゼオ事業部  E-mail: new-normal_zeo@xpd-inc.co.jp

【取材に関する報道関係者からのお問い合わせ先】 Contactフォームよりお問い合わせください。

Back to News